【剣盾S11 最高最終2030 71位】蝦蟇油炎弾 リザゲロゲ

こんにちは。あおにしです。

シーズン11おつかれ様でした。

デフレシーズンでレートの見栄えはイマイチですが最終2桁を取ることができたので記事に残したいと思います。


 【構築紹介】

f:id:uederno1:20201101112519j:plain

f:id:uederno1:20201101104648j:plain

構築経緯

ステロからエースを通す構築がシンプルで強いと思ったのでそれをベースに組んだ。また基本選出でパッチラゴンやウーラオスのメインウエポンの一貫を切りながらエースを展開できるように意識した。

まずウーラオスの先制技を気にせずに岩石封じ→ステルスロックの動きがとれる襷貯水ガマゲロゲをステロ要員として採用。それに続くエースとして超火力が魅力的な珠サンパワーリザードンを採用、さらに続いてステルスロックと相性のいい欠伸を覚えるクッションとして残飯ニンフィアを採用しこれを基本選出とした。

次にリザードンを出しにくいカビゴンドヒドイデ、ラッキーなどがいる構築に投げるために拘り鉢巻ウーラオスを採用。続いて崩し枠として悪巧みサイコショックを搭載したポリゴンZを、最後の一枠にはガマゲロゲが苦手とするキュウコンモロバレルに強い防塵ゴーグルハッサムを採用し、構築が完成しました。


選出、立ち回り

ガマゲロゲニンフィアリザードン

ステルスロックを撒いてからニンフィアの欠伸で荒らしてリザードンを通す。モロバレル入りにはニンフィアの代わりにハッサムを出す。

ガマゲロゲリザードン+ウーラオス

ステルスロックを撒いてとにかく殴る。

ガマゲロゲニンフィア+ウーラオス

カビゴンドヒドイデのいるサイクルよりの構築に対する選出。ステルスロックとウーラオスの鉢巻暗黒強打で負荷をかけていく。

ガマゲロゲニンフィア(ハッサム)+ポリゴンZ

受け構築に対する選出。受け構築にウーラオスやパッチラゴンが入ってることもあったのでガマゲロゲニンフィアは外せないことが多かった。 ハッサムは剣の舞を採用しているため単体でモジャハピを崩せたりする。



【個別紹介】

ガマゲロゲ@気合いの襷

f:id:uederno1:20201031233026g:plain

特性:貯水 性格:意地っ張り
180(0)-161(252)-95(0)-x-96(4)-126(252)
地震/岩石封じ/ステルスロック/こらえる

今期のMVP(ステロ要員がMVPでええんか?)

初手のステルスロック要因。

・襷ステロが読まれにくい

・ウーラオスに対して岩石封じ→ステロが撒ける

・基本選出に地面タイプを採用したい

と言った理由でステロ要員はガマゲロゲとなった。

襷で採用することで不意の草技にビビる必要がなかったり、こらえると合わせることで相手のダイマックスターンをからせるのでとても使いやすかった。(型を誤認して初手ダイマックスを切ってくる人も多かった)初手のリザードンウルガモスもダイジェット以外から入られた場合勝てるのでかなりカモれた。

最速にしたいけど攻撃に補正をかけないと地震で無振りパッチラゴンが落ちなかったり岩石封じ×2でダイマリザードンが落ちなかったりするのでしぶしぶ準速。


ほぼ全試合に選出したので選出率1位



リザードン@命の珠

f:id:uederno1:20201101114023p:plain

特性:サンパワー  性格:臆病  非キョダイ個体
153(0)-x-98(0)-161(252)-106(4)-167(252) 
ブラストバーン/暴風/ソーラービーム/‪竜の波動

絶対的エース。

カビゴンやラッキーなど突破しにくいポケモンがいない限りほとんどの構築に投げた。

ステロからの全抜きを狙いたかったので初手には置かず基本的にガマゲロゲの裏においた。

ほぼダイマックス前提のため技構成は完全に火力重視になっている。ダイバーンを打ってサンパワーで火力を上げるかダイジェットで素早さをあげるか選択が難しい場面も多々あった。

シーズン途中でイバンの実が解禁されたり、終盤テラキオンが一定数いたのは逆風だったがサンパワーダイバーンのえげつない火力は使っていて楽しかった。

選出率2位

ニンフィア@食べ残し

f:id:uederno1:20201031233826p:plain

特性:フェアリースキン 性格:穏やか
202(252)-x-109(188)-131(4)-170(36)-84(28) 
ハイパーボイス/マジカルフレイム/欠伸/守る

ステロと絡めて欠伸ループしたりクッションになったりする枠。

ガマゲロゲと合わせて電気とドラゴンの一貫を切れることや見かけ上ウーラオスに強いことを評価して採用に至った。

調整はどこかで拾ったものをそのまま使ってるけど忘れた。もっとHBに振った方が良かったかも。

リザードンを選出してない時などに稀にダイマックスすることもあった。


選出率3位

悪ウーラオス@拘り鉢巻

f:id:uederno1:20201031233922p:plain

特性:不可視の拳 性格:陽気 キョダイ個体
175(0)-182(252)-121(4)-x-80(0)-163(252) 

暗黒強打/インファイト/燕返し/毒突き

火力おばけ。
有利対面で暗黒強打を押しておけば交代読みなど必要ないくらいの高火力が出た。
ダイジェット用に燕返し、対フェアリー用に毒突きを採用したが不意打ちや雷パンチと選択。
ニンフィアハッサムをクッションにしながら殴ってた。


選出率4位

ハッサム@防塵ゴーグル

f:id:uederno1:20201031233947p:plain

特性:テクニシャン 性格:意地っ張り
167(172)-200(252)-120(0)-x-100(0)-96(84)
バレットパンチ/蜻蛉返り/剣の舞/ダブルウィング

S:+1で最速ホルード抜き

イカタコ兄貴の相棒。

防塵ゴーグルを持つことでモロバレルを完封できる。他にも役割対象であるアローラキュウコンを相手にするときも霰ダメージが入らないのでなんか噛み合ってた。

流行っていたモジャハピにつよかったり、エレザード始動のバトンパにもダブルウィング→とんぼ返りと押すことでエレザードを突破しつつ起点回避ができたりと活躍する場面は多かった。

そのほかにもクッションになったり終盤のスイーパーになったりダイマックスしたり臨機応変な活躍をしてくれた。

そして何よりイケメンだった。

選出率5位


ポリゴンZ@ラムのみ

f:id:uederno1:20201031234023p:plain

特性:適応力 性格:臆病  
161(4)-x-90(0)-187(252)-95(0)-156(252)
トライアタック/サイコショック/10万V/悪巧み

崩し枠。

受けループに入ってるハピナスはHD特化が多いため悪巧みからのサイコショックで確定で飛ばすことができた。

特性はヌオーに勝つために適応力。

持ち物はハピナスのトラアタやラッキーの電磁波意識でラムの実を持たせたがヨプの実あたりの方が選出できる範囲は広がるかも。

サニーゴ入りやギガイアス入りは無理。

選出率6位


【結果】

TN ケンヂ

最高最終2030

最終71位


TNケンヂ TNソード 

途中で諦めたので1950前後


2シーズン続いたシリーズ6環境ですが種族値が低めなポケモンが多い中で戦えそうなポケモンや型を模索する感じがたのしかったです。

結果としては前期に続いて最終2桁取れて嬉しいですがそろそろもう少し上を目指すべきなのかとも思ったりしてます。

最終日潜り続けるメンタルが欲しいです。


最後まで閲覧ありがとうございました。


何かあればTwitter(@blue_west428)まで。

フォローしていただけると嬉しいです


Special thanks

悪巧みサイコショックが熱いよってヒントをくれたアランドロスくん

ハッサムが強いよって教えてくれたイカタコさん

何度もハピナスレイド連れていってくれたはるちーさん

定期的に飲みにいったりしてモチベくれた関西勢のみんな^_^



最後に

f:id:uederno1:20201101043902j:plain

構築名はNARUTO自来也の技名から取っています。蝦蟇ガエルの油を借りて自身の炎技を増幅させる技なのでこの構築にぴったりだと思いました。

f:id:uederno1:20201101113435j:plain